神戸ビーフ 神戸牛とは タイトルロゴ
神戸牛へのこだわり タイトル 丸ロゴ
神戸ビーフは厳しい審査基準をクリアした肉のみに与えられる称号

神戸牛(神戸ビーフ)は、兵庫県但馬地方で生産された但馬牛(黒毛和牛)からとれる枝肉が一定の基準を満たしたときに使える牛肉のブランド名の事であり 非常に厳しい基準をクリアしたもののみ付けることができます。
日本三大和牛に数えられ、その肉質はきめ細かく、脂肪の質も良いため脂肪の融点が他の和牛より低いので油っぽさを感じにくく、上質な味わいをご堪能いただけます。
1868年 神戸港開港を機に外国人によって広められた牛肉の味
チョークのような 白いライン
1868年に神戸港が開港となり多くの外国人が日本へ訪れるようになりました。
その頃の日本は食肉文化が定着していない当時、一人のイギリス人が 農家の作業用の但馬牛を譲り受けて食べ、その味を絶賛したのが「神戸ビーフ(但馬牛)」の始まりと言われています。
あまりのおいしさに、その後、神戸に入港する他の外国船からも牛の納入を求められることとなり、 いつしか「神戸ビーフ」と呼ばれるようになったとされています。
お肉イメージ写真 ランプ肉
伊藤博文も愛した味
チョークのような 白いライン
神戸港開港と時を同じくして、かの有名な「伊藤博文」が兵庫県の初代知事に就任。 英国留学経験のある伊藤博文もまた、日本人にまだ食肉文化が根付いていない中、 好んでこの神戸ビーフ(但馬牛)を食べていたといわれています。


日本に行くなら神戸ビーフを
チョークのような 白いライン
2009年にオバマ大統領が来日の際、「神戸ビーフとマグロが食べたい」とリクエストしたのは有名なお話ですね。 海外セレブの間でも神戸ビーフの知名度は抜群で、 欧米の政治家、王室関係者、ハリウッドスターなど日本に行くなら神戸ビーフを食べたい、 というセレブリティがお忍びで訪れる人もいるほどです。
 
神戸牛は厳しい検査基準 丸ロゴ
神戸ビーフ指定登録生産者制度・指定登録店がある

「但馬牛®」の定義
兵庫県産但馬牛とは、県有種雄牛のみを歴代に亘り交配した但馬牛を素牛とし、 生後28か月令以上から60か月令以下の雄牛・去勢牛で、保留・肉質等級が「A」「B」2等級以上とされています。

「神戸肉・神戸ビーフ®」の定義
上記但馬牛のうち、「未経産牛・去勢牛であり、枝肉格付等が次の事項に該当するもの
  • ・脂肪交雑の牛脂肪交雑基準 (BMS)値 No.6 以上
  • ・枝肉重量 雌は未経産牛 230kg以上から470kg以下とする
  •       雄は去勢済み 260kg以上から470kg以下とする

神戸肉流通推進協議会認定制度
平成19年に地域団体商標登録を行い、繁殖農家を含む生産農家から販売先まで、すべて指定登録制にしています。 卸売店、小売店、飲食店では、店頭での会員証・指定証・ブロンズ像の掲示をしています。 これらは本物の神戸ビーフを扱っているという証です。当店で是非ご確認ください。